Home > Archives > 2012-11-06

2012-11-06

1週と1日遅れですが・・暖房のお話②

月曜日担当渡辺です。

火曜日に割り込んですみません!

先週は急遽、お休みを頂く事になりブログ更新出来ず・・・

昨日は打ち合わせが長引き思わず忘れ・・・

すみません本日割り込みの登場です。

さてさて前回の暖房のお話①に引き続き②としてご紹介致します。

そよ風と温水ルームヒーターまでご紹介させて頂き、今回はペレットストーブです。

最近は新潟市の補助金や、デザイン性、再生可能な資源利用としてエコの観点からも注目されているストーブです。

燃焼等により発生するCO2を木が吸収し、その木で作ったペレットをストーブの燃料とし燃焼、また木がそれを吸収というカーボンオフセットの考え方ですね。

木質ペレットの原料は、森林の育成過程で生じる間伐材などや、製材工場などから発生する樹皮、のこ屑、端材など、再生可能な資源である木材で、これらを取り扱いやすい燃料にしたものが木質ペレットになります。

我が家のペレットストーブは新潟市西区みずき野にありますさいかい産業さんのSS-1です。

今年で3シーズン目になりますが、昨シーズンの始めにグレーの標準色からグリーンに塗装しカスタマイズしてみました。

ペレットストーブは燃料を木質ペレットとしたFFストーブのような構造なので正面の扉(黒い部分)以外は基本的に熱を持たず熱くなりません。

という事は外部の金属パネルは塗装してもOKなので自分で分解し塗装屋さんに仕上げてもらいました。

ステンシルも貼りアーミー色を濃く仕上げたオリジナルストーブです(^-^)

私が購入した頃はまだSS-1しか無く選択肢は他に無かったのですが、今はSS-2というシンプルでデザイン性もUPしカラバリも3色あるシリーズもあります。

でももっと好きな色にカスタマイズしたい!とオリジナル色をご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい笑

で肝心の性能のほうですが、40帖(約20坪)の暖房能力があるため我が家の吹抜けだらけのLDKをしっかり暖めてくれます。

手動着火や灰の掃除など多少手間のかかるところはありますが慣れればその作業も苦にはなりません。

思ったより単純な構造ですのでメンテナンスも楽だと私は思います。

ただ温水ルームヒーターのような手軽さは無いので万人にオススメ出来るモノでは無いかもしれませんね笑

燃料費は10キロ入りのペレット1袋が約600円。一日中ずっと燃焼させていると約1袋を消費します。

ただウチの場合はそんな時はまれなので1ヶ月平均すると、おおよそ2日で1袋消費。

という事は1ヶ月約15袋でペレットのコストは約9,000円という計算になります。

温水ルームヒーターのみの時は給湯合わせて約20,000円近いガス料金の時もありましたので燃焼効率を考えるとランニングコストのダウンになっていると思います。

但し使い方にもよりますのであくまでもご参考まで(^-^)

性能もそうですが、火が見えるストーブという視覚的な暖かみもストーブにはあるかもしれませんね。

もう少ししたら我が家のストーブも着火になります。体験してみたい方はお気軽にお声がけ下さいね!

 

また先日お引渡しさせて頂いたT様邸はガスのエネファームによる無垢材+床暖房を採用しました。

エネファームはコージェネレーションシステムの未来を感じさせる機器ですね。

発電が1年中見込める効率は素晴らしいです。エコウィルの一歩先ですね。

床暖房もある程度無垢フロアの種類が制限されるとはいえ、足元ポカポカでとても快適な空間を作り出してくれました。

まだまだイニシャルコストが高く、気軽に採用は出来ない状況ですが今後改良されていけばガス燃料利用の主流機器になりそうです。

こちらもご参考まで!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

風邪ひいてませんか?

火曜日担当の鈴木です。

寒いですね。スズキは風邪ひきさんです。うがい手洗い徹底しましょう。

先週末に内覧会をさせて頂いた秋葉区のお宅がお引渡となりました。

これから寒くなりますが、床暖房が入っているので暖かく過ごせますね。

これからも長いおつき合い宜しくお願いします。

先日娘が通うK小学校の文化祭が行われ、各学年の学習発表会を見て来ました。

創立140周年記念の文化祭に向けて各学年が練習してきた成果を発揮しました。

素直に一生懸命頑張る子供達から元気をもらって来ました。

そして思ったのです・・・『・・・スズキはいつからこんなにも心が汚れちまったんだ・・・』

 

小学校近くの旧町役場にて『水と土の芸術祭』の展示をしているのですが

その一環でを植えた綿の木に綿がなり始めました。

明治から大正にかけて、亀田地域は日本最北の綿産地だったらしいです。

その綿を使い、農民たちが水と泥に強い綿織物を自作した機能的な織物が『亀田縞』。

機能に加えて独自の縞模様が評判となり、東北や北海道へ販売されていたらしいです。

地元の歴史を学んだ後は地元のサッカーチーム『アルビレックス新潟』を応援しようと

スズキは一肌脱ぎました。

←勝利をつかめ!

現在、J1残留争い真っ只中のアルビですが、なんとか残留して欲しい!!

そのために、コレ買いました。あくまでもアルビのために買いました!!!

ちょっとホロ酔いでテンションが上がってしまった今週の1枚は

Kenmochi Hidefumi (釼持英郁) 『Shakespeare』

ハウスやドラムンベースなどの軽やかな音楽をベースにガット・ギターやピアノを

メインにしたアコースティックな音色で作りだす独創的なインスト。

不思議な異国情緒とギター・インストの心地よさで満たされています。

http://www.youtube.com/watch?v=oLOUqD_clD4

http://www.youtube.com/watch?v=UT5Sb4NM8ec&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=e1P9xc1R9Ug&feature=related

なんだか癒されます。心が軽くなります。お酒が進みます。

興味のある方は是非聴いてみてください。

 

 

 

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2012-11-06

Return to page top